大阪の医療現場でのスクラブ着用について

2020-02-22

医療現場では医師や看護師は白衣を着ている姿をイメージする人が多いですが、徐々に白衣ではなくスクラブと呼ばれる制服を身につける人が増えてきていますよね。医療スクラブの普及に関しては地域によって異なっている部分があり、着てみたいけれども着ていいのか悩んでいる人も多いようです。

そこで今回は、大阪の医療現場でのスクラブ着用の普及について紹介します。

⇒おすすめのメンズ用医療スクラブ


そもそも医療スクラブとは何か

医療スクラブとは、医療現場で利用されている制服の一つです。見た目は半袖で首元がVネックになっているところが特徴で、一見するとVネックのシャツのようにも見えます。そんなスクラブは元々「ごしごし洗う」という意味の英語が語源となっていて、名前の通りごしごし洗っても生地が傷みにくいという特性を持っています。

実は白衣やナース服などの従来の医療現場で用いられている制服の多くは、患者の血液や体液で汚れてしまうことが多く、特に女性の場合は下着のラインが見えてしまうなどの悩みが少なくありません。それでいて揉み洗いができない生地のものが多かったり、何度も洗っていると生地が薄くなって余計透けてしまうこともあります。

そんな白衣やナース服の悩みを解消してくれるところが医療スクラブの魅力で、消費が激しく汚れやすい現場だからこそ清潔感が重視される医療現場では理にかなった制服として注目されているのです。しかも着替えも容易にできるので白衣やナース服よりも着心地が良く、カラーバリエーションや柄が豊富なのでちょっとしたおしゃれを楽しむことができる点も人気を集めています。

大阪では医療スクラブは普及しているのか

大阪には数多くの医療機関があり、中には関西の医療を支えている重要な機関もいくつかあります。そんな大阪の医療機関では医療スクラブを身につけている医師や看護師は昔は少なかったのですが、徐々に医療スクラブを身につけて働くことができる医療機関が増えてきている傾向が見受けられます。

特に規模の大きい医療機関では医師や看護師以外にも検査技師などがスクラブを身につけていることもあり、今後も医療スクラブの着用を認める医療機関が増えてくることが予想されているようです。このように大阪で医療スクラブが普及し始めた要因としては、大阪が多国籍を受け入れている環境であることが挙げられています。

元々医療スクラブはアメリカなどの海外を中心として普及しており、その流れで日本でも導入されるようになった経緯があります。このため特に海外の人たちが多く住んでいる大阪では、医療スクラブのメリットや必要性が認められていたと考えられます。

ただ導入する際に少し時間がかかってしまっており、ほかのエリアと比較すると普及率はそこまで高くはないとされています。

医療現場の忙しさも医療スクラブが普及した理由

ほかにも大阪で医療スクラブが普及している要因として挙げられるのが、医療現場の忙しさです。大阪には数多くの医療機関があり、その中には救急対応をしていたり重度の患者を受け入れる重要な役割を持っている医療機関も多く見受けられます。

これは大阪という小さなエリアの中に膨大な人口を抱えていることが理由として考えられていて、日本と海外を結ぶ空港の存在から日本人だけではなく多くの海外の人たちが大阪に集中していることもポイントです。そのため大阪の医療機関で働く医師や看護師は常に慌ただしく駆け回っており、様々な病気や患者に向き合っています。

このような現場ではとにかく動きやすさが重視されており、従来の白衣やナース服では動きにくいという意見があります。また病気や治療によっては白衣やナース服が汚れてしまうことも多いですし、慢性的な人手不足から連続して勤務しなければいけないこともあり、白衣やナース服を何度も洗濯した結果消耗してしまったという人も多いようです。

そんな状況だからこそ頑丈な生地で作られた医療スクラブの方が適していると判断された結果、医療スクラブを導入する医療機関が増えてきたのではないかと思われます。

一般的な病院だけではなく動物病院でも普及している医療スクラブ

大阪で徐々に普及し始めている医療スクラブは、カラーバリエーションや柄が豊富であることから特に小児科などを中心に人気を集めている傾向が見受けられます。そして医療スクラブの普及は人間が利用している医療機関だけではなく、動物病院でも普及し始めているようです。

動物病院でも以前は白衣やナース服が利用されていましたが、ペットである動物たちは人間よりも医療行為に怯えやすく暴れてしまうことも少なくありません。その結果、人間の医療機関以上に白衣やナース服では汚れやすく動きにくいことが悩みの種になっていたと言われています。

そのような悩みを解消するために注目を集めたのが医療スクラブで、着替えやすさと動きやすさから大阪の動物病院では広く医療スクラブが普及している傾向があります。着替えやすさや動きやすさだけではなく、可愛い柄の医療スクラブを身につけることでペットの飼い主に対して安心感を与える効果も普及を広げた要因の一つではないかと考えられているようです。

大阪の医療現場で医療スクラブを利用する際の注意点

徐々に医療スクラブが普及している大阪の医療現場では、自分も医療スクラブで仕事をしたいと考えている人も少なくありません。実際に医療スクラブを導入している医療機関では、医師も看護師も医療スクラブを着用して仕事をすることが可能となっています。

ただ医療機関によってはまだ医療スクラブを導入していないところもありますし、白衣やナース服が指定されていることもあります。このため医療スクラブを着用したい場合は事前に着用が許可されているかどうか確認する必要がありますし、着用できる場合でもカラーリングや柄に指定がないかきちんと把握しておかなければいけません。

また医療スクラブの着用については、職場だけではなく患者が理解できるかどうかもポイントになります。特に高齢者の場合は医療スクラブについて偏見を持っている場合もあるので、医療スクラブも白衣やナース服の一種であることを説明しておくとトラブルを防ぐことができます。

大阪でも医療スクラブは徐々に普及している

関西の医療の中心地でもある大阪では、徐々に医療現場で医療スクラブを身につける人たちが増えています。一般的な医療機関だけではなく動物病院でも普及しつつあるようで、動きやすさや着替えやすさ、頑丈な生地などの特徴は、忙しい大阪の医療現場の理にかなった制服と言えるようです。

そのため今後も医療スクラブが普及していくことが予想され、一般的な制服として認知されると思われます。